四股と身体の前の空間

 今朝トレーニングしていて四股についてとてもわかりやすい説明を思いついたのだけれど、四股というのは片方の脚を高く上げるじゃないですか。そんなに高くなくても良いのだけれど、とにかく上げる。その時、物理的には地面と上げた脚の間に空間がありますね。その空間があってはいけない。
 身体の前にぽっかりどっちつかずのスペースが空いていてはいけない、ということです。みっちり詰まっていないといけない。つまり、脚を上げていても上げていない状態と同じでないといけない。
 うちの師匠はよく、地面を掴んでいないと力が出ないなら掴んで持ち上げて歩けばいい、とおっしゃるのですが、そういうことです。四股も脚を上げた時に下ろした時と同じ状態を維持していなくてはいけない。
 上げて下ろすまでずっと同じ状態ということです。何が同じなのか、探さないといけない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする