お尻伸ばしと四股でハマった状態に即入する

 ともかくムラっ気が激しいので、コンスタントにバチッとハマった状態に入れる方法を模索して何年もやっているわけですが、最近になってちょっと進展がありました。

 やってみなければ運命も何もないにあるような「合言葉」を全部チェックするのは当然として、踏む感触、肚の上下するピストン運動が地面を掴む力でロックされ、胸上部の縦回転で肘に出る感触を確認する。けれどもそれ以前に、すごく単純な話として、

①お尻伸ばし系のストレッチ
②四股

 がかなり有効とわかってきた。
 ①は主に股関節外側の太もも付け根付近を刺激するもので、いろいろやり方があるけれど、わたしの場合、低い椅子などに座って足首をかけるタイプの足の組み方(下品なやつ)をやり、そのまま刺激部位を意識してコントロールしながら前に倒していく、というのが一番効く。
 ②については、そもそも四股が踏めないといけない。きちんと四股が踏める人は一般人にはなかなかいないと思う。
 脚で踏まずに肚と股関節で踏むこと。脚を上げる以前に体重移動を蹴る動きではなく沈む動きでこなせること(そのためには本職力士のように大股ではなくもう少し小股の方がやりやすい)、股関節の粘る感触を保ったまま上げ、ゆっくり下ろして全体重で踏めること、踏んだ後でその力がそのまま肚が沈む感触に粘りながらスムーズに繋がること、などをよく確認する必要がある。

 などという情報をありがたがる勢はほとんどいないのですが、自分用メモとして書いておきます。
 まあ、あんまり調子が悪い時は一時間くらい筋トレでもやっとくのも悪くないです。やってるうちになんかハマっている、ということもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする