人を見た目で判断します

 このネタどっちに書こうかな~と迷ったけれど、オチも中身もない、酒場トークネタなのでこっちに書きますね~。
 なんか突然降って湧いたように、在日の問題とかわたしは全然知らない、まったくピンと来ない、と思ったのね。いや絶対色々あるでしょ。あるはずなんだけど、ピンと来ない。知り合いの在日の人には大大大好きな人も大大大嫌いな人もいる。在日だからどうなのか、と言われるとよくわからない。
 まぁとりあえず、「在日です」とか最初にアピってくるヤツはウザいけどね。そんな話聞いてねーから。在日太郎とかそういう名前なんか。お前は誰やねんって話やろ、という。
 「アスペルガーです」「ADHDです」とか言ってくるヤツもウザいね。知るか。お前は誰やねん。ここにはアタシとアンタしかいないんのよ。そんな外人の名前とか要らんねん。
 お前誰やねん、という話をするには、自分の話したってしょうがないのよ。自分のことは自分を語っても話せない。
 自己紹介とか言うとさ、趣味がどうとか語り始めるのいるでしょ。いやまぁ、自己紹介ってそういうお芝居だから、それはそれでいいんですけどね。でもそんな属性とか語られてもねぇ。自分の話しても自分は語れないでしょ。
 そういうんじゃなくてさ、ブリティッシュロックが好きならブリティッシュロックの話とかさ、そういうのすればいいんじゃないの。「ブリティッシュロックが好きです」じゃなくてさ。ここで大事なの、「ブリティッシュロック」じゃなくて「好き」の方だからね? アンタの好きを語ってよ。アタシに感じさせてよ、ということよ? ブリティッシュロックそのもののこととか、まぁ大抵の人は興味ないし。「好き」の方ね。
 いやもちろん、空気読んで相手にウケそうなの狙った方がいいけどさ。そこで狙えるのか、空気読めるのか、そういうの込みで本当の自己紹介でしょ。
 その辺、空気読まずにこっちが喋りまくっちゃうわたしも相当問題児なんですけどね。すいませんねぇ。怖い顔しないでね。
 えーと、何の話でしたっけ。在日でしたね。
 学生の頃とかそういう系の活動とかしてる人も近くにいたのに、なんでこんなに無関心なんだろう、と考えると、アタシは基本、人を見た目で判断するのね。
 人を見た目で判断します!
 だからさ、見た目でわかんないとわかんないのよ。
 大体一緒じゃね?という。
 白人はね、白いね。あと黒人は黒い。あれはねぇ、わかりますわ。見た目で。なんか違うんでしょうねぇ。大きさとか。デカいもんね、大体。
 でも在日の人とか韓国の人とか、大体一緒じゃね? 見た目は。
 「いや、目が違う!」みたいなこと言う人いるけどさ、わたしイケメン以外脳が遮断するシステムだから、よくわかんない。観察眼ないの。顔が良ければ大体いいよ。
 まぁでも、最初「なんだかな~」と思ってた人も、喋ると顔がギンギン輝いて、うわ、イケメンや、こいつめっちゃイケメンや!ってなることはありますよね。
 ある分野になったら突然顔が変わったりね。あれはいいですよね。うわ、顔違うやん。くっそイケメンになったで!とわかりますね。
 そうするとね、こう、顔がくきっと見えてくるのね。脳に入るのね。この段階で初めて。うわ、ヤバいな、こいつ名前なんだったけ、さっき言ってたけど全然聞いてなかった、とか焦ったりしてね。はい、クズです。
 今なんか、男の話しかしてませんけど。
 そういえばたまたま、昨日女の子とちょろっとだけサシで飲んだんだけどね、その子も仕事の話になったら、全然顔が違うのね。写真撮りたかったもん。うわー、イイ顔してるね!という。晴れやかでしたねぇ。
 まぁ女の子には大体甘いから、割と最初から脳血液関門とか通るけどね。そこにフィルタあるんか。
 人を見た目で判断するとイイですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする