Nexus7が起動しない、分解、開け方

 Nexus7(2012)が起動しなくなりました。購入から約2年。
 我が家のNexus7は、購入直後にも初期不良で交換しています。

Nexus7をASUSで修理(起動しない、画面点滅)
Nexus7の修理期間 バッテリ組み立て不良

 その後、何度か起動しなくなることがありましたが、一般的に紹介されている方法で復活していました。

Nexus7でお腹を開いたドロイド君に(充電しながら電源・音量上・音量下を同時に長押し)

 Nexus7が起動しなくなるケースとして、完全放電してそのまま起動しなくなった、充電できなくなった、という例が多いようなのですが、我が家のNexus7はずっとPCにUSB接続した状態で直前まで使っていたので、過放電という訳ではありません。
 実機デバック用に使っていたのが、フリーズ状態になったので強制再起動しようとしたところ、電源は落ちたもののそのまま再起動しなくなった、という状態です。

 起動しないNexus7の復活方法としてよく言われているのは、

①充電しながら電源ボタンを15秒以上長押し
②充電しながら電源ボタン+音量下ボタンを30秒以上長押し
③充電しながら電源ボタン+音量下+音量上ボタンを30秒以上長押し(リカバリモードで起動)
④充電器で1時間充電、ケーブルを抜いて10秒以内にすぐ差し、電源ボタン15秒以上長押し(Deep sleepモードからの急速充電)
⑤充電器で8時間充電、ケーブルを抜いて10秒以内にすぐ差し、電源ボタン15秒以上長押し

 といったものがあります。とりあえず①から④までやってみましたがダメ。
 ただ、PCにUSB接続した状態で長押しすると、PCの方からUSBに何かが接続された時にするピンポロポンという音がします。エクスプローラーには現れませんが、かろうじて脈がある?のでしょうか。
 以前にも色々やって起動せず、一晩充電状態で放っておいたら電源ボタン長押しで起動した、ということがあったため、とりあえずそのまま充電器に接続した状態で一晩おくことにしました。
 翌日またひと通り試してみましたが、やはりダメ。これはいよいよご臨終か、と思ったのですが、最後にもう一つ試すことがあります。

⑥裏蓋を開けて、内部のコネクタを抜き差しする

 不器用なのであまりやりたくなかったのですが、他に方法がないので試してみることにしました。
 Nexus7裏蓋の開け方ですが、以下のページなどにも書かれています。

Nexus7(2012)の電源が入らなくなった時に試す事 :電脳系職人
Thanx Palm: Nexus 7 (2013)のタッチパネル認識がおかしいから分解したら直ったかもしれない。

 YouTubeにも動画があがっていて、「簡単」と言われています。
 しかしその簡単なことがなかなかできないのが不器用な人間。上の方から隙間に爪やカードを入れて開けていき、側面、下、と進むと開けやすい、ということでしたが、なかなか開きません。それでも悪戦苦闘して、とうとうパカッと外れました。
 内部はこんな感じ。

Nexus7の内部

Nexus7を分解したところ

 この状態でコネクタを抜こうとしてみますが、これまた不器用なのでなかなか抜けません。
 苦労しながらNexus7を自力回復させた例のページなどを見ていると、

⑦電源ボタン1分長押し
⑧電源ボタン2分長押し

 というものを見かけました。単に長押しの時間を長くしただけで、そんな根性で押し続けたら直るもんなんかいな、と思いつつ、どうせなかなかコネクタが抜けないので、PCに接続した状態で内部の電源ボタンをひたすら押し続けてみました。
 するとPCからピンポロポンの音が聞こえ(これは今までもあった)、さらにNexus7が接続された旨を示すメッセージが!
 なんだかよく分かりませんが、これで復活しました。

 最終的に、何がキッカケで直ったのかはよく分からないのですが、おそらく一晩充電状態で放置した後、電源ボタンを1分または2分長押ししたことによるものだと思います。
 「分解したら何だかよく分からないけれど直った」というケースもあるようなので、もしかするとこの分解が何か意味があったのかもしれませんが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする