versionCodeとversionNameがexport時に勝手に戻る

 Androidアプリをアップデートする時は、AndroidManifest.xmlにあるversionCodeとversionNameを更新しないといけません。
 ところが、versionCodeとversionNameを増やしてAndorid ToolsのExport Signed Application Packageすると、AndroidManifest.xmlにあるversionCodeとversionNameが勝手にまた元の値に戻ってしまう、という事象に遭遇しました。
 何度やってもExport中に目の前で戻るので、怪奇現象か!?と慌てましたが、オチは簡単でした。

eclipse – version code revert back when I export android application – Stack Overflow

 ルートにあるAndroidManifest.xmlではなく、binにあるAndroidManifest.xmlを修正していました・・・orz。
 AndroidManifest.xmlは、ルート直下にある方を修正しないと意味がありません・・・。

 同じくExport時に発生する問題として、「Conversion to Dalvik format failed with error 1」については、以下が参考になりました。

“Conversion to Dalvik format failed with error 1” の解決策 – 某ソフト作者の開発日記

 ちなみにわたしはプロジェクトのクリーンで解消しました。

 Androidアプリの公開一般については、少し古いですが以下。

AndroidアプリのAndroid Marketへの公開方法 | mucchinのAndroid戦記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする