横山了一が死んでいた、梶原修人無双 喧嘩稼業38話

 減ページからの休載を挟んで梶原修人vs工藤優作の続きが来ましたね。
 梶原さん無双です。起き上がろうとする工藤にトーキック、さらにそこからの連打ですが、工藤はノーダメージ、という状況です。
 基本的には「梶原さんは弱くはない」ということと「工藤不死身」というのを表現するための回だったと思います。
 裸足でつま先蹴りというのは自分がダメージを負う可能性も高い危険な蹴り方だと思いますが、そこは梶原さん、シコシコ部位鍛錬を積んでいたのでしょう。
 しかし今のところ、手続き的に盛り上げているだけで、戦術的なところは出てきません。「吉田まだ早い!!」の引掛けくらいです。
 個人的には「梶原修人が工藤優作に勝つ理由」で書いたように梶原修人の勝利を予想(妄想)しているのですが、このまま一方的に梶原さんが押していく展開はありえないでしょう。
 はじめの一歩ではないですが「最初優勢、中盤でピンチに、最後大逆転」という流れで最終的に勝ってくれるのではないか、と期待しています。
 ついでに梶原さんに指を落とされた横山了一が事故で死んでいたようですね。生きていると「なぜ梶原が捕まらないんだ」というツッコミが止まらないからかもしれませんが、ちょっと強引な感じもします。横山了一かわいそう・・。

 それにしても、アシスタントさんが抜けたにも関わらず、絵が安定してきていますね。長い休載からようやく本調子になってきたのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする