卜辻と掌底投げ

 卜辻の正体が判明しましたね。
 タックルして朽木倒の要領で足を刈りながら掌底を打つ技でした。
 これを素人が達人にキメるのは至難の技かと思いますが、まぁその辺はマンガということで・・。
 これっていわゆる掌底投げというか、掌底巻き込み投げですよね。林悦道先生が著書で紹介したりしているもので、顔面にかちあげるような掌底を入れつつ、腰を刈って倒すような技の変形かと思います。
 ただ、普通は掌底がメインで、そこから巻き込んで崩す、という形になるのに対し、卜辻は投げがメインと見せかけて掌底を入れるもののようです。
 といっても、これ、実際にやろうとすると体勢的にかなり無理があって厳しいのではないでしょうか。掌底を入れるには、よほど肩の可動域が広い人でなければ、右肩を斜め上気味にあげつつ、オーバーヘッド気味に打つより他にないでしょう。それだと今ひとつ掌底の意外性がないですが、右手は顔面カバーしているフリをして入りつつ掌底、みたいな流れになるのでしょうか。
 まぁ、梶原さんのことなので、可動域も異常に広くて自然に打てるのかもしれませんが、素人に使うのは無理ですよね。
 個人的には「梶原修人が工藤優作に勝つ理由」で書いたように、梶原が工藤に勝つのでは、と予想(妄想)しているのですが、ここからどういう展開になるのか楽しみです。とりあえず工藤にダメージはまったくないでしょうし、梶原も様子見で打っただけで、掴みを警戒して追撃していないのでしょう。
 九字の伏線や雷のフェイクがどう生きてくるのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする