ヒューレットパッカード HP ENVY 700-260jp/CT購入

 自宅マシンを新調しました。前のマシンを買ってからおよそ5年。買い替えどきです。
 買ったのはHP ENVY 700-260jp/CT。「HP ENVY 700-260jp/CT 東京生産デジタル一眼ユーザー推奨モデル」となっていました。消費税増税前に駆け込みです。

HP ENVY 700-260jp/CT

 内容としては以下の通り。

HP ENVY 700-260jp/CT 東京生産デジタル一眼ユーザー推奨モデル
・ HP ENVY 700-260jp ベースユニット
・ Windows 8.1 (64bit)
・ DVD リカバリメディアキット
・ HPモニターなし
・ インテル Core i7-4770 (最大3.90GHz/4コア)
・ 32GB (8GBx4) PC3-12800 (1600MHz)
・ 128GB SSD (6Gbps対応)
・ 2TBハードドライブ(SATA, 7200rpm)(2nd)
・ 3rd 増設用ハードドライブなし
・ NVIDIA(R) GeForce(R) GT 640 (4GB)
・ ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)
・ 増設用オプティカルドライブなし
・ 地デジチューナーなし
・ メディアカードリーダー
・ IEEE 802.11 a/b/g/n + Bluetooth 4.0
・ ワイヤレス日本語(109A)キーボード&ワイヤレス光学マウス
・ Beats Audio 対応
・ オフィスソフトウェアなし
・ 速効!HPパソコンナビ特別版
・ PC リサイクルマーク 標準添付
・ 1年間引き取り修理サービス

 価格は175,350円でした。結構贅沢しました。
 32Gのメモリが欠品で、納品までの一ヶ月近くかかってしまいましたが、結果は非常に満足しています。音も静かだし起動も早く、素晴らしいです。
 ただSSD起動にしていても、ドキュメントなどデータが保存される既定ドライブはCドライブのままなので、いちいち手動でハードディスクの方に設定しなおさないといけません。また、AppDataはCドライブに保存されるため、多少容量的に不安はあります。シンボリックリンクを貼って別ドライブに退避させることもできるのですが、それではSSDのメリットが減るような気もするし、微妙です。とりあえずユーザーデータだけハードディスクに移してあります。
 また、これはマシンとは関係ありませんが、Windows8で最初にMicrosoftアカウントでログインさせようとするのは勘弁して欲しいですね。いろんな人が言っていますが、あそこで何気なく日本語ユーザー名などを入れてしまうと、日本語フォルダができて、後でユーザー名を変更しても元には戻せません。わたしはローカルアカウントしか使う気がないので、とても迷惑です。

 ヒューレットパッカードのサイトでは、最初クレジットカードで何故かエラーが出て、電話をかけることになったのですが、用件を聞いて折り返すシステムで、折り返し電話がかかってくるのに数時間かかりました。でも対応は丁寧で納得できるものだったので、良しとしておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする