Canon PowerShot SX50HSの問題点・不満

 野鳥撮影用にCanon PowerShot SX50HSを使っています。

CANON PowerShot SX50 HSを買った 使用感と感想
CANON PowerShot SX50 HSレビュー(野鳥撮影用)

 他に一眼レフなどもあるのですが、野鳥用に一眼レフで装備を揃えると非常にコストがかかる上、重すぎて機動力がありません。本格バーダーであれば大砲レンズに三脚でどっしり構えて狙うのでしょうが、こちらは初心者で、散歩ついでに鳥も見たい、くらいなので、ちょっと重すぎます。
 というわけで、Canon PowerShot SX50HSはカジュアルな鳥撮影には非常に有用なのですが、所詮はコンデジのズームがすごいヤツ。色々不満はあります。
 使いはじめの頃に書いたこととかなりかぶりますが、半年使用して感じるCanon PowerShot SX50HSの問題点・不満はこんなところです。

①ファインダー画質が悪すぎる
②操作性、特に露出補正がやりにくい
③ズームが電動ズームしかない
④画像保存・ブラックアウトの時間が長い、遅い
⑤画質
⑥AF精度

 ⑤の画質はまぁ仕方ないでしょう。これでもこの手の高倍率デジカメとしてはかなり画質向上していると思います。光学ズーム領域だけなら普通に使う分には問題ないです。
 ④の電動ズームしかない、というのも、仕方ないかもしれません。

 一番イライラするのは①のファインダー性能です。
 もう、ファインダーが全然見えない。目視して位置関係などを覚えておかないと、小鳥などは見つけるのが困難です。
 ⑥のAF精度も微妙で、これでも頑張って合わせてくれているのでしょうが、難条件だとピンボケ連発です。また、ファインダー画質が悪いせいで、MFは事実上使えません。
 ②の操作性は、せめて露出補正はシャッター脇あたりにボタンとダイヤルをつけて操作しやすくしてもらいたいです。
 ④の保存時間の長さも微妙です。許容範囲内かもしれませんが、野鳥の場合、一瞬を争うので、これが命取りになることもあります。普通に使う分には問題ありません。

 というわけで、頑張っている高倍率デジカメにもう一つ注文をつけるとすると、
①ファインダーの画質を良くして欲しい
②操作性をもうちょっとだけ良くして欲しい、機械ボタンを増やして欲しい
③AF精度をもうちょっとだけ良くして欲しい
 といったところでしょうか。ズーム倍率については現状で十分だと思います。

 「それなら一眼レフで撮れよ!」という話ですが、上述の通り、一眼レフだと装備が大掛かりになりすぎます。
 マイクロフォーサーズでも鳥用だと十分ゴツいです。
 Nikon 1などにマウントアダプタを使って300mmくらいのレンズを乗せる方法もありますが・・。
 もう少し待つと高倍率デジカメの性能が更に上がりそうなので、カジュアル鳥撮りとしてはこちらに期待したいように思います。

B009D8DHOG Canon デジタルカメラ PowerShot SX50HS 約1210万画素 光学50倍ズーム ブラック PSSX50HS
キヤノン 2012-09-27


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする