ウォークマンNW-S775の感想 おまかせチャンネル、ノイズキャンセリング

 ウォークマンNW-S775を買ったことを書きましたが、しばらく使ってみた感想をメモしておきます。
 まず、最初のエントリでも評価していましたが、総合的に見て大変満足しています。本当に買ってよかったです。
 以前に使っていたiPodより音が良いですし、NW-S765より短くなったので懸念していた再生時間(バッテリ容量)についても問題ありません。バッテリの持ちが短くなったといっても、iPodよりは上ですし、万が一バッテリが切れても、スマホのように他に影響はありません。
 とにかく機械式ボタンでコンパクトなのが素晴らしいです。混雑した状況でも操作しやすいです。

 ウォークマン独自の機能としては、「おまかせチャンネル」がなかなか面白いです。
 購入時には「おまかせチャンネル」のことはまったくチェックしていませんでしたし、個人的にこの手の自動機能は「あってもどうせ使わない」ものなので興味もなかったのですが、なんとなく試してみると結構面白いです。
 「おはようタイム」「ウォーク」「ダンスフロア」「アコースティック」など、シチュエーションや印象、シーズンなどのテーマで曲が自動分類され、勝手にかけていってくれるのですが、これがなかなか良く出来ていて、自動の割にちゃんとイメージに合っています。
 この「おまかせチャンネル」でかけていると、自分で入れたのに忘れていた曲がかかって「あれ、コレ意外に良い!」と気づくことがあります。既存ライブラリの価値を再発見させてくれる、という効果もあります。
 ただ、新しく曲を入れた時などに「解析されていない曲があります」のようなメッセージが出て、ここで「解析」を選ぶとDB作成にちょっと時間がかかります。解析されている曲もあるので、どのタイミングで行われるのかよく分からないのですが、手動で実行する場合、家に帰って使っていない時にやった方が良いです。

 期待していたノイズキャンセリング機能ですが、これも満足しています。
 曲がかかっていなくても電源を入れるとノイズキャンセリング機能が働くので、イヤホンをしてスイッチを入れた途端に周囲の風景がスッと遠ざかるような不思議な体験ができます。
 ただ、ノイズキャンセリング機能でカットできるのは電車や車の音、飛行機内での騒音など、ザーッと定常的に流れているタイプのノイズです。突発的なノイズや人の声などはカットされません。安全を考えるとカットされない方が良いようにも思いますが、気になる場合はノイズキャンセリング機能より遮音性の高いヘッドホン・イヤホンを選択した方が良いと思います。
 ただ、実際上は音楽をかけているので、人の声などが気になるレベルで聞こえることはないです。まぁ、これはノイズキャンセリング機能とは関係ないですけれど。
 わたしも電車で一番イラッと来るのは機械ノイズではなく人の話し声なのですが、ウォークマン一つで完全防御できている感じです。

 逆に気になるところとしては、再生画面に一発で戻るボタンがある方が良いです。
 一発ボタンでないにせよ、もうちょっとシンプルに「単に再生画面に戻る」操作ができる方がベターです。
 曲をかけている時に、他の曲リストなどを見に行く事があると思うのですが、ここから再生画面へ戻るのに何ステップか操作しなければならず、うっかり別の曲をかけてしまうことがあります。
 もう一つ不便なのは、iTunesで言うところの「アルバム別アーティスト」でのソートがない、ということです。もしかしたらあるのでしょうか。わたしが気づいていないだけでしょうか。
 「アーティスト」でソートすると曲単位になってしまうし、「アルバム」でソートすると、アルバム名を覚えていなかったり「the」から始まる「t」のところにやたら沢山きてしまったりして不便です。

 まぁ、全般的に言って非常に満足しているので、ソニーさんには是非今後とも頑張って頂きたいです。機械式ボタンで!

B009JXJXDYSONY ウォークマン Sシリーズ [メモリータイプ] 16GB ライトピンク NW-S775/PI
ソニー 2012-10-19


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする