日清シスコ「1日分の食物繊維」とスーパー「プライス」

 前に「オートミールとコーンフレーク 単位カロリーあたり食物繊維量比較」というのを書きましたが、シリアルが好きです。
 先日、近所のスーパーで日清シスコ「1日分の食物繊維」というシリアルを購入しました。
 これが名前の通り食物繊維が豊富で、ほのかな甘味があり美味しいので、気に入ってしまいまた買おうとすると、置いて有りません。
 どうやらシスコの「1日分の食物繊維」は特売で扱っていただけで、普段は置いていないようです。シリアルコーナーをいつも見ていてもなかったですから、この時だけの特売だったのです。
 このスーパーというのは、イトーヨーカドー系の「プライス」なのですが、無駄と思いつつ、試しにサイトの要望コーナーからメールを送ってみました。別にクレームなどではなく、無理を承知で「できたら置いていただけると嬉しいな~」という程度の内容です。当然、たった一人の愛好者のためにプライスが扱いを変えるとは思っていません。
 ところが、翌日にはプライスからメールが来て「取り扱うことに決めました」と伝えてくれました。
 これは驚きです。
 いくらなんでもわたし一人のメールでプライスが扱い商品を変えるとは思えないので、他に要望があったか、日清シスコ「1日分の食物繊維」の特売売れ行きが良かったのではないかと思うのですが、ちょっと感動しました。
 うちの近所にはいくつもスーパーがあるのですが、プライスが断然雰囲気が良く、いつもプライスを利用しています。
 このプライスは店員さんも非常に優秀で、特にレジ係の何人かは凄まじい処理能力で行列を捌いており、舌を巻きます。失礼ながら、そんなに高いお給料を貰っている訳ではないと思うのですが、どうかプライスさんは彼女たちになるべく良い待遇を与えてあげて欲しいです。
 またこのプライスには、一人南アジア系の従業員の方がいらっしゃるのですが、この人もいつも笑顔でフレンドリーです。こうした、接客業務のある店内スタッフなどの採用では、まだ外国人に対して壁の厚いところもあると思うのですが、プライスさんは良い判断をされたと思います。

 とにかくわたしはこのプライスが更に好きになったのですが、一つ思い出しついでに細かい苦言を言うと、日本シリーズ?の時に一日中巨人軍のテーマを流しているのは頂けませんでした。
 まぁ、読売系列なので仕方ないのでしょうが、客はともかく、従業員にとってはあれは拷問でしょう。
 「仕事だから仕方がない」かもしれませんが、従業員だって人間ですから、一日中何日も巨人軍のテーマだけを聞かせ続けられればイライラしたっておかしくないですし、店員さんの気分が悪ければ客だって気分が悪くなります。別に巨人のテーマを流したら巨人軍が強くなる訳でもないですし、阪神ファンが巨人に寝返るといこともないでしょうから、その辺は加減してやって頂けると有難いです。

 最後のは細かいことですが、流石イトーヨーカドー系列というか、レベルが高いです。
 客としては、あのサービスを当たり前だと思わないことが大事ですし、また経営者の方には、どうかあの優秀なスタッフさんたちに良い待遇と良好な職場環境を提供してあげて欲しいです。

B00AANEXWS日清シスコ 一日分の食物繊維 ブランシリアル 180g 18個セット
日清シスコ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする