NW-S775を買った iPod nano、NW-S765と比較

 ソニーのウォークマンNW-S775を買いました。

NW-S775

 ウォークマンかiPodか、という以前に、MP3プレーヤーというジャンル自体がスマホにおされて既に時代遅れになりつつあるのですが、悩んだ末にNW-S775を購入しました。
 まず、わたしはスマホを持っていません。正確には、友人からSIMカードを抜いたお下がりのiPhone 3Gを貰ったので、iPod touch状態のものならあるのですが、ほとんど活用していません。動作がモサッとしていてイライラするのと、そもそもタッチパネルというものがあまり好きではないです。
 持っていないなら、尚更これを機にスマホを買う、という選択肢もあったのですが、電話も嫌いだし欲しいとも思わないので、この案は却下です。
 スマホを持っている、スマホの付属機能レベルのMP3プレーヤーで十分、という人なら、そもそもウォークマンもiPodも要らないでしょう。

 スマホはなし、ということだと、やはりiPod
とウォークマンで悩みます。
 いや、一般的には悩むところではないかもしれません。どう考えてもiPodの方が売れていますし、わたしも最初は、iPod nanoを買おうかと考えていました。
 ウォークマンNW-S775が視野に入ってきたのは、何よりもノイズキャンセリング機能がついているからです。加えて、タッチパネルではない(機械式ボタン)音質が良い(と言われている)ことがあります。
 デザイン、iTunesというプラットフォーム、価格、いずれでもiPod nanoの方が上だと思います。重量もiPod nanoの方が軽いです。
 ただ、価格差は僅かなものですし、ソニーのxアプリも酷いですが、Windows版のiTunesも大概使いにくいのです。
 また、わたしが前に使っていたのは第二世代iPod miniという骨董品ものなのですが、これのバッテリが他のApple製品同様すぐにヘタり、交換してもまたすぐダメになり、と苦労させられた思い出があります。とにかくAppleはバッテリが信用できないです。また、なんとなく最近のAppleの商売にウンザリしてきているのもあって、総合的に判断してウォークマンを買うことにしました。

 しかしまだ悩みは終わりません。
 最新機種のNW-S775か一世代前のNW-S765か、という選択があるのです。
 普通なら迷わず最新機種を買うでしょうが、NW-S775はNW-S765に比べて改悪されている点が目につくのです。
 NW-S775とNW-S765のスペックを比較した表がコレです。

walkman_hikaku.jpg

 ほとんど変わらないようですが、最大再生時間が50時間から36時間に激減しています。
 NW-S775、Pod nano、NW-S765の三つの基本スペックだけを比較してみます。

 iPod nano 第7世代 [16GB]NW-S765 [16GB]NW-S775 [16GB]
記憶容量16GB16GB16GB
記憶媒体フラッシュメモリフラッシュメモリフラッシュメモリ
対応フォーマットMP3 AAC WAV AIFF LosslessMP3 WMA AAC リニアPCM LosslessMP3 WMA AAC リニアPCM Lossless
主な機能日本語対応 FMチューナー日本語対応 FMチューナー日本語対応 FMチューナー
インターフェースUSB2.0,Bluetooth 4.0USB2.0,Bluetooth 2.1 + EDRUSB2.0,Bluetooth 2.1 + EDR
電池タイプ内蔵内蔵内蔵
最大再生時間30 時間50 時間36 時間
幅x高さx奥行39.6×76.5×5.4 mm44.3×97.5×8.4 mm43.3×97.2×7.4 mm
重量31 g57 g51 g

 NW-S775はNW-S765に比べてサイズは小さくなったのですが、売りの一つだった最大再生時間がグッと短くなっています。それでもiPod nanoよりは長持ちするのですが、長所の一つが挫かれてしまっています。
 逆にNW-S775がNW-S765より優れているのは、サイズがちょっと小さくなったくらいしか見当たりません。そのせいか、一世代前にも関わらず、現時点では価格.comのランキングでNW-S765の方が売れていますし、価格も拮抗しています。
 その上でNW-S775を選んだ理由、というのは大したものがないのですが、まぁ36時間もてば普通に使っていて不便はないだろうし、少し軽いし、一応最新機種だし、という程度です。NW-S765はそろそろモノ自体がなくなってきているので、欲しい人は早めにゲットした方が良いでしょう。

NW-S775

 というわけで手に入れたNW-S775ですが、第一印象としては、iPod nanoより一回り大きく、デザインも今ひとつ垢抜けません。まぁ、その辺は好みもあるでしょうが・・。
 起動画面は雰囲気的に携帯っぽいです。個人的には、こういうクラシックなUIの方が安心します。
 ウォークマン本体をパソコンにつなぎ、本体に入っているインストーラでxアプリをインストールします。xアプリはiTunesのようなものです。この時、最新版のxアプリがネット上にあると、ダウンロードしてインストールすることができるのですが、これが結構重い。さらに、PCを再起動する必要があります。まぁ、初回インストール時のみなので我慢しましょう。
 このxアプリ、web上の噂で「重い」「すぐ落ちる」「広告がうざい」などと聞いていたのですが、確かに重くてすぐ落ちます。最低限の操作だけをしている分にはそれほど不自由を感じませんが、ちょっと検索したり並べ替えようとすると、すぐに待たされ、よく落ちます。Windows版のiTunesも大概使いやすいとは思えないのですが、それよりさらに酷いです。
 ただ、操作の方法自体については、iTunesよりはむしろ直感に沿っていると感じました。これも個人の好みですが、iTunesは「戻る」ボタン的なものが変なポジションにあったり、プロパティ設定のボタンがよく分からなかったりして、好きではないです。
 広告については、レジストリをいじって消す方法が紹介されています。設定は自己責任で。

 あれこれ設定して、いよいよNW-S775で再生です。
 この品質には大満足です。
 わたしはあまり音質にうるさい訳ではないのですが、少なくともiPodよりはかなりマシな印象を受けます。ノイズキャンセリング機能も十分です。
 こういう小さい機器でタッチパネルにされても使いにくいだけなので、本体の操作性・音質については、NW-S775にして大正解でした。
 ただ、一発で再生画面に戻る物理ボタンがあるともっと良いです。メニューで希望の場所にたどり着くまでの操作が、全般に少し多いように感じます。
 まぁ、音が良いから全部許せてしまいましたが。

 今時携帯音楽プレーヤー専用機を買うのは、多少なりともこだわりのある人でしょうし、そういう人向けの機械としては、iPodと比べて僅差で上を行っていると思います。
 最近はSONYもiPodの猿真似のようなタッチパネル機をおしているようですが、むしろ機械式ボタン好きのための機器を作ってくれる方がありがたいし、売れるようにも思います。UIのノリとか、変に新しいものにするより、昔ながらのやり方から抜けられない、わたしのような古い人間が喜ぶようなものの方が、Appleと差別化できて良いと思うのですけれどね。

B009JXJXDYSONY ウォークマン Sシリーズ [メモリータイプ] 16GB ライトピンク NW-S775/PI
ソニー 2012-10-19


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする