リボ イージーを買った 机の高さを上げる「脚のびたくん」

 バランスチェアのリボ イージーを購入しました。
 しばらく前からバランスチェアが気になっていて、色々眺めていました。Amazonでバランスチェアを探すと、1万円以下のお手頃価格のものも色々あります。
 ただ、ネット上で情報を漁った限りでは、このリボのイージーが一番評判が良いようです。
 一日の多くの時間を椅子に座って過ごす、という方は多いでしょうが、わたしも自宅にいる時間のほとんどはマシンの前に座っています。その時間をなるべく良い姿勢で気持よく過ごしたいので、ちょっと高いですがリボのイージーを買うことに決めました。
 安物買いの銭失いになったら困りますし、安物を買ってダメだった時、椅子はものすごく邪魔ですからね・・。

 到着したリボ イージーはこういう状態。

リボ イージー 箱

 箱を開けるとこういう感じに部品が入っています。組み立てですが、部品数は少ないため、それほど難しくありません。

リボ イージー 部品

 どうせなので専用カバーも一緒に買いました。

リボ イージー カバー

 組み上がったリボ イージーの写真。

リボ イージー 完成

 カバーをかけた状態。
 このカバーはしっかりしていてよく出来ているのですが、非常にピチッと被せられるようにできていて、セットするのに手間取りました。気軽に着せ替えできる感じではありません。

リボ イージー 完成カバー

 リボのイージーは結構サイズが大きいので、予めスペースについて計算しておいた方が良いです。
 ただ、重量は思ったより軽く、移動させるのには苦労しません。
 これまで5本脚のガス圧式オフィスチェアのようなものを使っていたのですが、そっちの方がずっと重いです。リボ イージーにはキャスターなどは付いていませんが、簡単に移動させられます。

 しかし問題はここからです。
 リボ イージー自体は座り心地も快適で良かったのですが、机の高さとマッチしません。
 説明書によると、

バランスチェア・イージーは、標準的な70~72cmの机の高さを基準に作られています。座面の高さは固定されていますが、イージーの座面は前後に傾斜(一番高いところで床から54cm、一番低いところで49cm)しており、後部に座るほど高く座れ、全部に座るほど低く座れます。従いまして、座る人の身長や体型も考慮すると、70~78cmの高さの机でご使用可能です。

 とあり、我が家の机は高さ70cmだったのですが、どうにも机が低すぎます。
 膝を乗せる部分を色々調整してみたのですが、しっくり来ません。

リボ イージー 説明書

 前の椅子の時からディスプレイの高さは低すぎて、下にものを入れて高さを調整していたのですが、普通よりやや高い?リボ イージーと合わせると致命的に低くなってきました。
 各人の身長・体型にもよると思うのですが、大人が使う場合、机は高めの方が良いです。
 仕方がないので、脚のびたくんというグッズを使って、椅子の高さの方を無理やりあげました。

脚のびたくん 箱

 「脚のびたくん」に更にダンボールをかませて、10cmくらい高くしています。「脚のびたくん」だけだと7cmです。

脚のびたくん 使用時

 少し高くし過ぎたかもしれませんが、しばらくこの感じで使って、また必要に応じて微調整していきます。

 リボ イージー自体は実に座り心地が良いですが、やはり長時間座っていると、油断すると姿勢は悪くなります。
 「膝に当たる部分に体重がかかるのでは」「膝にはほとんど体重はかからない」というやり取りがレビューでよく見られますが、長時間座っていると流石に膝も気になります。まぁ、どんな椅子でもあまりに長いこと座っていると良くない、ということでしょう。
 まだ使い始めで、今ひとつ最適なポジションが見つけられていないので、高さや位置を調整しながら使っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする