ドローインと有酸素運動の組み合わせで消費カロリーが増加

 ドローイン、流行ってますね。
 基本的に、腹式呼吸だのロングブレスだけで「痩せる」などという話は信用しないのですが、体重を減らすのではなくボディラインをすっきりさせる、という効果はあるでしょう。
 個人的には「ごちゃごちゃ言ってる暇に運動すればいい」主義なので、あまりこういう細かい技術は気にしていなかったのですが、惹かれたのは「有酸素運動中にすると消費カロリーが40%近く増加する」という話。本当かどうか知りませんが、どのみち有酸素運動は毎日やっているので、ついでに導入してみることにしました。
 やり方自体は簡単です。
①背すじを伸ばす
②肩を後ろに引く
③おなかをへこませる
 これだけ。注意するのは、お腹を凹ませるのに身体を丸めてはいけない、ということ。また、息を吐きながらお腹を凹ませていくのですが、凹ませた状態でキープしている間も浅い呼吸を続けます。この時、お腹は凹んだまま。これで最初は15秒、60秒を目標にキープします。
 これで腹横筋が鍛えられ、体重自体が変わらなくてもお腹まわりがすっきりする、という訳です。

 体重自体がオーバーしている人が、運動せずにドローインだけやっても「どうかな」と思いますが、体重は過多ではない、既に定期的に運動している人が取り入れれば、なかなか有効かと思います。
 わたしは「エクササイズDVD比較 効果と内容、やってみた感想」で書いたように、毎日一時間半くらい有酸素運動と筋トレを組み合わせて身体を動かしているのですが、動きの合間にこまめにドローインを取り入れる他、クールダウンなどでもやっています。また、普段机に向かっている時も、時々息抜きにドローインしています。
 劇的な効果、というわけではないですが、最初はキープしたまま呼吸するのが難しかったのに、いつの間にか凹ませたまま普通に呼吸できるようになってきました。

4840145709 腹だけ痩せる技術 (メディアファクトリー新書)
植森美緒
メディアファクトリー 2012-04-27


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする