電気ひざ掛けHTB-501が節電にも最高

追記:
ご紹介致しましたが、どうもこのHTB-501には問題があるようです
最初に届いたものは一週間もせずに通電しなくなり、ショップに連絡したところ、すぐに代替品を送ってくれました。しかしこの新しい商品も、一ヶ月もしないうちに故障。ショップの対応は誠意あるもので、お店の責任ではないと思うのですが、メーカーには問題があるでしょう。
もう交換は諦めて、代替品として日本製のなかぎし電気敷き毛布NA-023Sを購入しました
(追記ここまで)

 HTB-501という電気ひざ掛けを買いました。

電気ひざ掛け

 電気ひざ掛け、最高です!
 エアコンの暖房がなかなか温まらないので、電気ストーブを使っていたら、エライ電気代がかかってしまいました。電気代を抑えて温まる方法として、電気ひざ掛けを試してみた訳です。
 電気ストーブが600Wくらい食うのに対し、電気ひざ掛けは50W前後。全然違います。
 子供の頃に足温器を使っていて、これも考えたのですが、電気ひざ掛けの方がより全体が温まるかな、とこちらにしました。
 実際にHTB-501を試したところ、暖房能力は十分。普段作業したりする時は基本コレだけです。この方が足元は暖かくても頭は冷えて、頭寒足熱で仕事もはかどります。どうしても寒い時だけストーブを使っています。
 わたしは楽天のタウンランドというショップで3,000円(送料込み)で買ったのですが、後で見てみたらAmazonで2,800円で売っていました
 同じ柄の電気ひざ掛けだと、ナカギシのNA-052Hという方がメジャーで、HTB-501も「NA-052Hの同等柄品」と銘打っていたのですが、こちらは4,980円。ちょっと高いです。
 ただ、ナカギシNA-052で検索すると、色によって値段が違うので、柄によってはナカギシの方が割安だと思います。
 HTB-501はナカギシに比べると一段落ちるイメージらしいですが、とりあえず今のところ性能的には全く問題ありません。

B006G72QHG 三京 電気ひざかけ HTB-501
三京



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする