ロジクールMK260購入 ワイヤレスキーボード&ワイヤレスマウス

 キーボードが死んでしまったので、新しいワイヤレスキーボードを購入しました。ロジクールのMK260です。

DSC_0002.JPG

 MK260を選んだのは、ただ単に価格.comでのクチコミ評価が高く、安かったからです。この値段だったら失敗してもダメージが小さいでしょうし、とにかくキーボードが壊れているという事態は最悪なので、なんとしてもすぐ脱出したかった、というのがあります。幸い古いPS/2キーボードがあったので急場をしのげましたが、やたらキーが固くて難儀していました。
 MK260の第一印象は「軽い」。電池は単四二本ですが、これを入れてもペラペラと軽い感じです。
 見た目は今ひとつペラい感じがしますが、価格を考えれば文句は言えないでしょう。何せこの値段でキーボードとマウスが両方買えて、しかもワイヤレスなんですから。
 キータッチは極標準的。カチカチしていないと気が済まない人には低すぎるかもしれませんが、オシャレキーボードに時々あるような、軽すぎて使いにくいということはありません。タッチはやや安っぽいですが、ほぼ満足です。
 ワイヤレスの性能は最大10mで、全く問題ないでしょう。
 有り難いのは、電池寿命が24ヶ月ということです。マウスの方は5ヶ月なのですが、キーボードの電池が二年もつ、というのは素晴らしいです。単四電池でコレです。ワイヤレスキーボードの電池が切れると本当にイライラしますから、電池寿命は大切です。
 上部に八つのホットキーがあるのですが、個人的に使用しないので何とも言えません。この手のキーが嫌いな人間としては、間違えて押しそうな位置ではないのが助かります。
 キーボードに角度をつける足?の部分は、極普通の折り畳み式のものですが、作りが多少安っぽい感じがするので、長いことつかっているうちに壊れてしまわないか心配です。普通に扱っていれば問題ないでしょうが・・。
 マウスについては、同じロジクールのワイヤレスレーザーマウスM505を使っているので、とりあえずこちらを使用し続けます。M505の方が質感もあり高級感がある一方、MK260のはいかにも安っぽいです。もちろん機能上は問題ありません。この価格では当然でしょう。

 前に使っていたキーボードはHPのマシンと一緒に購入したのですが、電池切れも早いし、要らない位置にホットキーがあってうっかりCDトレイを開いちゃったりするし、最後もこのホットキー周りがおかしくなって常に「再生を停止ししています」とかいう文字が表示されっぱなしになって、入力も受け付けなくなりました。
 HPのマウスとキーボードは、結局両方買い換えることになりました。どちらも電池寿命が短く、使いにくかったです。
 それにしても、ホットキーでCDトレイを開いたりする機能は、誰か使っているのでしょうか。そんなものキーボードで操作できてもちっとも嬉しくないのですが・・。

B004OR1ZQI LOGICOOL ワイヤレスコンボ 自動スタンバイ機能搭載 MK260
ロジクール 2011-03-18
3,486円

今見たところでは、Amazonで3,486円、楽天最安ショップで3,069円でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする