風呂の残り湯で洗濯するポンプ

 今回の地震が起こる直前に、水と非常食を買っていました。こちらは首都圏なので、別段被害はなかったのですが、予感的中したので驚きました。その前からニュージーランドの地震などが続いていたので、そう感じた人は多かったと思いますが・・。
 今のところ水は来ているし、うちは子供もいないので、水道水を浄水器を通して使っているだけで、震災前に買ったものは特に使っていません。
 地震が来てから買ったのが、お風呂の残り湯で洗濯するポンプです。
 我が家は二人ともシャワーしか使わない人なので、お風呂は非常用の水置き場専用になっています。この水がもったいないので、洗濯に使ってはまた水を足す、というやり方にしています。
 幸い今のところこの水が活躍する事態にはなっていませんが、備えあれば憂いなしですし、何があるかわかりませんから、しばらくポンプにお世話になっておきます。我が家が購入したのはSENDAKのエル・ポンプセットLP-50というものです。
 この残り湯ポンプ、一見非力に見えるのですが、使ってみると物凄いパワーで、すぐ洗濯機も一杯になります。逆に風呂桶の水はなかなか減らないので、お風呂に水を張る、というのが、いかに水を贅沢に使ったものなのか実感します。
 ちょっと面倒な点としては、水を移し終えた後、ポンプを風呂桶から取り出す時、油断すると床に水がこぼれてしまうことです。慣れれば問題ないですが、よくホースから水を抜くようにしないと、床がびちゃびちゃで悲しくなりますよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする