歯痛が治った!

 二ヶ月ほど前に、歯が痛くなりました。
 きっかけは確か冷たいものを飲んで歯がしみて、それがすぐにスッと通り過ぎるのではなくグワングワンと増幅する感じになり、まったく止まらなくなったことです。鎮痛剤を飲まないと耐えられないレベルだったのですが、薬を飲んでしばらくするととりあえず全然痛くない状態になります。「これは薬が切れたらすぐ痛くなるな」と思っていると、意外と大丈夫な状態が続くものの、一日くらい経つとまた痛くなる、というパターンになりました。
 右下奥歯の奥から二番目あたりかと思い、かかりつけの歯医者さんに予約を入れるものの、2週間くらい先になってしまいます。「キャンセルが出たらお願いできますか」と頼んでおくと、親切なことに数日で空きの連絡が来ました。
 「もう完全虫歯だ、もうアカン」と思って行って、あちこちの歯に水をかけられたり空気をシュッとあてられてチェックしてもらうと、奥から二番目ではなく右下一番奥が痛いらしい、ということがわかりました。
 この歯はわたしの虫歯たちの中でもアカンやつで、既にかぶせもの状態になっています。
 ただ、レントゲンをとってみると、このかぶせものをした治療の後に悪くなった感じはなく、特に虫歯ではないだろう、と言います。
 かぶせものをするくらいなので、既に結構削っています。これ以上削ると神経に近くなりすぎて、神経を抜くことになってしまうかもしれません。
 神経を抜いた歯は枯れ木のようなものなので、できれば保存したままなんとかしたいです。
 痛みの感じとしては、もう歯を諦めるしかないように思ったのですが、この歯医者さんは慎重な良い歯医者さんで、とりあえず染み止めを塗って様子を見てみましょう、という話になりました。
 正直「様子見てる場合じゃねー!」と思ったのですが、神経を取るのは確かになるべく避けたいですし、指示に従うことにしました。
 その時、歯医者さんが試供品の「シュミテクト」をくれました。業者さんが沢山置いていくらしいです。
 「シュミテクトなんかでこの痛みがとれるか!」と思ったのですが、他にどうしようもありません。
 知覚過敏の可能性があるとのことなので、歯を磨きすぎないようにして、今まで使っていた歯磨きチューブをシュミテクトに変えました。
 これまでわたしは、一日に何度も歯を磨きまくっていました。虫歯が結構あったので、これ以上歯をダメにしないように気をつけていたのです。
 ただ、歯磨きスタイルを変えても、すぐには痛みは収まりませんでした。
 処方してもらったロキソニンはあっという間に消費してしまい、薬局で市販の鎮痛剤を買って、毎日飲みまくってしのぎました。
 歯の痛みというのは、血行が良くなると悪くなることが多いようです。
 実際、お風呂に長くつかったりすると痛みがスタートすることがあります。
 特にわたしは、愛用の光線治療マシーンでお風呂あがりに謎の光を足などにあてる習慣があり、このせいでさらに血行が良くなり、痛みが増しているようでした。
 そこでお風呂をぬるくしてつかりすぎないようにし、光線マシーンは足の裏以外に使うことにしました。
 ちなみに光線マシーンはこんなヤツです。

B005K6L080 コウケントー2号器(SF-114) – カーボン5000番・3000番・3001番・3002番4008番 各10本付属されています。
株式会社 コウケントー/黒田製作所

 厳密には、わたしの持っているのはコウケントーではなくヘルシーレイというもので、形も違うのですが、構造的には一緒だと思います。カーボンも共通しています。
 このマシーン、ものすごい昭和でローテクな機械なのですが、素晴らしくカッコいいのです。
 スイッチとかメーターとかも無駄に大きくて、回すたびに「ガチャッ」と音がします。
 そして手動で二つのカーボン電極の距離を調節して、バチバチッと火花を散らせてからアーク発光?させるのです。ツマミの横にはでっかいフォントで「開」「閉」とか書いてあって、作動中は特撮映画に出てくる感じのパイロットランプが点灯するし、そのランプの横にご丁寧に「PILOT LAMP」とかでっかく書いてあるのです。
 この治療器は「日にあたっとけば病気なんか治る!」というテキトーな民間治療的発想に基づいたものらしいのですが、このメカのカッコよさに惚れて購入して以来、調子の悪い時などに引っ張りだしてあたっています。
 ちなみに、この光線の先生の本は、鈴木先生のと黒田先生のが有名で、鈴木先生のは割と淡々と「症状別の当て方」を紹介している感じ。黒田先生のはちょっとオカルトが入っていて、「ガンも治った!」とか「死んだ人間が生き返った!」とか訳の分からない世界になっています。でもその黒田先生ももう亡くなってるみたいなので、死人は多分生き返らないと思います。

4831287024 家庭でできる可視光線温熱療法
鈴木 英雄
文理書院 1987-08

by G-Tools

 実際、お腹が痛いのとか結構良くなりますし、骨折の治りもちょっと早くなってる感があります。「ちょっと調子が悪いなぁ」とか、自律神経がどーとかいうタイプにはそこそこ効くんじゃないかと思います。ガンは多分治んないです。
 何より、単純に気持ちが良いのです! こたつの気持ちよさを更に倍増したくらいに気持ちいいです。
 そして音と匂い。独特のブーンという音と匂いがするのですが、これが昭和っぽいというか、懐かしい感じでとても癒やされます。
 わたしの使い方は基本的に気休めです。骨折なんかどうせ待ってる以外にやることがないので、ダメ元で当てると気が紛れます。当ててる間、パックしながら外国語でニュース聞いたり、美顔器つかったりすると、一石二鳥三鳥になって時間を有効利用している気分を味わえます。
 この光線治療器、基本は足の裏で、その他に症状によって色んなポイントに当てることになっています。骨折なんかは患部に直接当てます。お腹に当てるのも良いです。
 わたしは最近、足の裏をよくあてていたのですが、これは猛烈に血行が良くなるのか、お風呂あがりに追い打ちをかけているせいなのか、これをきっかけに歯痛が発動することがありました。「あれ、少し違和感があるかな?」くらいなのが、光線を終えてしばらく経ったあたりから少しずつ大きくなり、とうとう止まらなくなる、というパターンです。
 そこでこの光線も控えめにして、パワーを下げて足裏に当てる時間は短くしました。
 それでも歯痛は良くなりません。「知覚過敏とか言われたけれど、過敏とかいうレベルじゃねーぞ!」と思っていました。一ヶ月経ってもダメな場合、諦めて神経を取ろうと思いました。それ以上鎮痛剤を飲んでいると、そっちの方が身体に悪い気もします。
 そういうわけで、できる対策をうちながら一ヶ月くらい経ったところで、本当に歯痛が治ってしまったのです。
 最初のころは一日二回くらい薬を飲まないとダメだったのが、一日一回になり、数日に一回発動するレベルになり、そこから痛みがなくなっていきました。
 今でももしかするとなんかの拍子に痛くなるかもしれませんが、とりあえずロキソニンで散らしておけば、そのままなくなる程度でしょう。
 本当にただの知覚過敏だったようです。
 不思議なこともあるもんです。
 皆さん、歯は磨き過ぎるのもダメです!
 あと、あったまりすぎるのも考えもんですわ。

B00SM6FE3C 薬用シュミテクト コンプリートワンEX 90g 【医薬部外品】
グラクソ・スミスクライン 2015-03-04

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大