マイク・タイソン・ミステリーズのDVDを買って見た!

 少し前にTwitterで書いたけれど、Mike Tyson Mysteriesというアメリカのアニメにハマッてしまい、Seson1のDVDを買ってしまった。Season2も発売されたら即買うつもりで、是非続きをもっとやって欲しい。
 Mike Tyson Mysteriesを知ったきっかけはTL上に流れてきたこの映像。

 このopにすっかりシビれてしまい、Mike Tyson Mysteries: Coming This Fall – Mike Tyson Mysteries on Adult Swim Videoで数話無料で見られたので早速見てみて、ますます気に入ってしまった。

 物語としては、マイク・タイソン(声も本人で、最後にリアルタイソンが出てきて一言コーナーみたいのがある、常にジャージ)、タイソンの韓国人の養女ヤン(常にジャージ)、ゲイの幽霊のクイーンズベリー男爵、そして鳩の四人による「マイク・タイソン・ミステリーチーム」が様々な謎に挑む!というのが基本的な構図。
 しかし、実際はちっとも謎は解決しない。オープニング映像では、それなりに四人が活躍して悪の組織とかやっつけてる風だけれど、最初に見たSeason2のエピソードでは全然そんな典型的な筋立てにはなっていなかった。おそらく最初の数回はオーソドックスな構成で、その後段々破綻していくのかな、と思っていたら、Season1の初回から破綻していた。ミステリーチームだけれど、ミステリーはほぼ解決しない!
 ちなみに、マイク・タイソンで鳩がフューチャーされているのには理由がある。ボクシングが好きな人なら皆んな知っていると思うけれど、タイソンは子供の頃は内気な少年で、鳩しか友達がいなかったのだ。そして年上のいじめっ子に可愛がっていた鳩を殺されて、ブチキレて全員ブチのめしたことで「自分は強い」と覚醒した、という有名なエピソードがある。タイソン自身が声を演じて、自身もリアル映像で出演しているし、本人も相当変人で楽しんでこのシリーズをやっているのだと思う。
 マイク・タイソン・ミステリーチームは屋上で鳩を飼っていて、伝書鳩で依頼を受け付けるのだけれど、チームにいる鳩はこの伝書鳩たちとは違って、もともと人間で、元妻に魔法で鳩に変えられてしまった、という設定。本名はリチャードだけど、みんな「鳩」と呼んでいて名前は覚えてもらえない。この鳩が奇人揃いの四人の中でも飛び抜けてめちゃくちゃなヤツで、とにかく下品で昭和オヤジ的なセクハラ・シモネタ連発、おまけにアル中でヤクまでキメているという人間のクズ。ストーリーが進むと、もとは結構イケメンでセクシーな男性だったと分かるのだけれど、女ったらしでどうしようもなくて鳩にされてしまったらしい。しかし全く懲りていない。男爵に対してはキモいホモ野郎、ヤンに対してはビッチのエイジアンみたいなポリティカル・コレクトネスの欠片もない台詞を連発する(でも割りと仲は良い)。
 四人のうち、天然ボケのタイソンとクズの鳩がボケ担当、ゲイの男爵と養女のヤンがツッコミ担当になっている。男爵は「幽霊でかつゲイ」と、普通の物語ならこれだけで突飛な設定なのだけれど、四人の中では常識人である。
 個人的には、ヤンが特別可愛くもセクシーでもなく、常にジャージというのもグッと来る。ジャージこそ由緒正しき地方日本ヤンキー文化の正装。唯一の女性キャラがまるで色気なく萌え要素ゼロで常にジャージでゴロゴロしているのがまた素晴らしい。

 劇中には米国における有名人が実名でしばしば登場する。この辺はコンテクストが分からないと理解しにくい。わたしもWikipediaで調べて元ネタを掴もうとしたりした。ちょっと内輪ネタ的な展開が多く、外国人には笑うのにワンステップ要るところがある。
 また、とにかく猛烈に下品なスラングが多く、特に鳩はネット上の映像ではピーピー音が入りすぎて何を言っているのかよくわからないくらいだ(DVDではピー音は入らない)。タイソンの英語はブラック・アメリカン独特の要素があることに加え、タイソン個人の発音がなんだかむにゅむにゅ滑舌が悪く、格別聞き取りにくい。四人の中ではヤンと男爵が断然聞き取りやすい。
 そのため、外国人には掴みきれない要素もしばしばあるのだけれど、それを差し引いても十分面白い。台詞の内容はクソくだらないことばかりなので、英語が苦手でもノリで見ていれば大体わかると思う。
 ちなみに、Season1のHouse Hauntersのエピソードでは、コジャレたハイソな白人文化的テレビ映像(いわゆる海外ドラマ風のリア充ムード)がパロディ化されているのだけれど、そこでクソ取り澄ました英語がネタ的に使われていて、なるほどウチらはこういうクソ上品なうそくせー英語に洗脳されているなぁ、と二重に笑える。
 日本語版は多分永遠にリリースされないと思う。

 以下、Season1の各エピソードの内容のものすごいネタバレ。でも多分、読んでから見ても見てから読んでも同じくらい意味不明なので、特に心配する必要はない!

1 The End

 作家のコーマック・マッカーシーの依頼を受けて彼の家を訪れるとヒスパニックの使用人が表れ、チュパカブラが出ているという。夜になり使用人がチュパカブラに噛み殺される。タイソンがチュパカブラを一撃で倒すも復活、それを馬が蹴り殺す。馬から出てきたのはコーマック・マッカーシー。チュパカブラの正体はジョン・アップダイクだった。そして使用人のラファエルは自分が死んだのに気づかず、マッカーシーに成り代わり作家デビューするつもり。

2 Ultimate Judgment Day

 パンチカードのヘルプメッセージを受けてIBMに行くと、コンピュータ対人間のチェスマッチが催されるところで、そこにいたチェスマスターを依頼主だと思ったタイソンが話しかけて口論になり一撃KO、代わりにヤンがコンピュータと対戦するも惨敗。鳩が偶然コンピュータの中身がチェス王者ボビー・フィッシャーと気づき、タイソンに「コンピュータは実はタイムマシンで中にヒトラーがいる」と嘘をつくとタイソンがコンピュータをパンチで破壊。IBMの社長が実はロボットで株暴落。タイソンが殴ったチェスマスターは死亡。

3 Heavyweight Champion of the Moon

 依頼を受け空港に行くと宇宙飛行士のバズ・オルドリンが乗ってくるが、タイソンのよそ見運転で助手席から放り出され死亡。鳩が「アームストロングに先んじれたな」と皮肉るがヤンが「アームストロングはもう死んでる」とツッコミ。タイソンが保険屋に電話、これが今年四回目の事故で十人の宇宙飛行士が死んでいると言われ、タイソンはこれ以上殺さないためにロケットを奪い宇宙に行く。月面で別の宇宙飛行士をはねてまた電話すると、今度は天文学者が死んでいると。地球に戻り今度は天文学者をはね殺すタイソン。

4 Is Magic Real?

 老いた魔法使いからの「魔法は本当か?」というメッセージが、チームの誰も魔法を信じず鳩は覗きに夢中、妖精を探しにホテルに行ったタイソンがマジシャンを殴り倒す、妖精が見つからず失意で帰ろうとすると駐車場で魔法使いがバイトしている。彼は魔法でギャンブルに勝っていたがイカサマだと思われて追放されたという。魔法使いと共にカジノに戻り、そこにいたロバート・レッドフォードに鳩がヤンを売り、怒ったタイソンがそこら中の人を殴りながら駆けつけてレッドフォードもKOするが、サンダンス校に誘われただけだった。魔法使いは惨敗、勝った相手が爆発し血が飛び散り中から妖精が。

5 Mite Tyson

 タイソンの身体中に虫に噛まれたような跡が出て、医者で「ダニだ、ペットを飼っていないか」と聞かれ、鳩に疑惑の目が。鳩はマリファナ吸ったりヤンを盗撮したり追い出される理由がありすぎ、結局喧嘩別れ、鳩は路上でヤクをキメて爆睡、目覚めると実験施設だったが熊が暴れて皆脱出。タイソンは翌日も噛み跡が消えず、皆で鳩を探すと鳩は勝手に帰ってきてヤンのPCで自慰行為中、そこへ襲いかかる熊、しかし熊はタイソンのペットで二人は再会の抱擁、噛み跡の原因はタイソンのペットの蚊。フーバー・ダムに原爆が仕掛けられているという依頼を忘れていたことを思い出すと爆発音、医者が洪水で流れていく。
 とにかくいつも以上に鳩の罵詈雑言が素晴らしい。家を追い出された後、「P!S!」と叫んで車にうんこしていくのだけれど、そのうんこがその後のシーンでもずーっと残ってる。

6 A River Runs Through It Into a Heart of Darkness

 ニカラグアに環境破壊になる巨大運河を作る中国人ビジネスマンから依頼、反対する原住民を説得に行きそのまま置き去りにされるが、そこには鳩の義父がいて運河が作られると世界が終わるという。原住民と共にタイソンらが中国人を攻撃、中国人がドリルマシンを稼働させると大地のペニスが屹立し月に突き刺さる。
 タイソンが韓国と中国、ニカラグアとメキシコの区別が付いていないネタなど。

7 Kidnapped!

 タイソンが大学の卒業講演に言っている間に、鳩の悪友でロシアのギャング、グレゴールがヤンをギャンブルの負け分として誘拐、男爵と鳩が取り戻そうとするが失敗、鳩は「ヤンは死んだ」と嘘を付きバーの踊り子を一万ドルで生涯ヤンの身代わりにさせようとするが、グレゴールはタイソンの意味不明な演説を聞いてなぜか感動、ヤンを解放。
 大学の卒業式でCap and Gownの生徒たちに向かい「なんで同じ帽子で同じ服なんだ?宗教か?」というタイソンのボケ、しかもそこからなぜか「心の帽子を脱ぎ次の段階へ進むのだ!」的なちょっとイイ話に無理やり進み、さらにギャングがちゃんと感化されて「人身売買はもうやめる!」とか改心する。

8 House Haunters

 白人のキラキラした夫婦が引っ越しするので家を選んでくれ、という依頼、男爵は夫婦が気に入った家が幽霊屋敷だと気づくが誰も耳を貸さず、夫婦と犬は惨殺される。
 珍しく鳩がツッコミになっている。

9 Night Moves

 タイソンが突然ダイエットに目覚め、男爵が作るフレンチトーストにブチ切れ。アンドリューという冴えない男性から「女性と二回目のデートが出来ない」という依頼が来てタイソンがパイ屋で待ち合わせ、アンドリューは自分が狼男で女性を食べているのでは、と告白するも、タイソンはパイに夢中でまるで聞いていない。ヤンがアンドリューとデートして腕に傷を負って帰ってきて、自分も狼人間になるかも、と大騒ぎ、狼男を倒すには銀の弾丸で心臓を撃つしかないと聞いてタイソンがヤンを撃とうとするも、間一髪、満月を見てもヤンは変身しないと分かるが、そこへ狼男になったアンドリューが登場、「初めての二回目のデート」をヤンに申し込みヤンは快諾、ロマンチックなエンディングになりかけたところでタイソンがアンドリューを射殺。

10 Ty-Stunned

 老婦人からの依頼を受け駆けつけると精神分析医であるご主人の惨殺死体が。警察に知らせるべき、と言う男爵を尻目に、タイソンはホンモスを食べることとマイク「タイ」ソンとかけたネクタイを売り出すビジネスに夢中。ご主人の患者だったシリアルキラーが婦人を襲いに来るが、タイソンが「タイ」スタンガンで撃退。

B010U6CR4U MIKE TYSON MYSTERIES: SEASON 1
Warner Home Video 2015

スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大